こまつな まき時期 間に合った?

こんにちは。お読みいただきありがとうございます。和子です。

小松菜のたねを蒔いた話です。

つるなしインゲンの2回目の実を待っていたら10月も過ぎまして、花も咲いていましたが終了としました。2周目のインゲンは、2回分のインゲンの天ぷらができたくらいです。嬉しいけど、微妙な量です。

急に慌てたのは、購入した種の袋をよく読んだため。

ちょっと便利なお手頃シリーズという種がありまして、小松菜を選んだわけです。前回、このシリーズの種で結構な量の小松菜が採れまして、リピーターです。

でよく読むと、まき時期が10月上旬まで、種まきは「発芽適温」となる時期に行ってください、とのこと。まずい、上旬過ぎてしまった。しかも発芽適温18-25℃。今日から寒くなるというので、昨日蒔いたわけだけどこれってどうなの。来週の火曜から20℃を超えそうなので発芽を期待します。

その前に、

土作りが全然準備不足で、苦土石灰もたい肥も入れてません。化成肥料だけ。袋には種まき15日くらい前に散布し良く耕します、と書いてあります。15日の準備期間ね。インゲン待っていたらこの次の作物へのリレーはどうしたらいいのか悩みます。

いつも秋植えは石灰もたい肥も入れないけど何とか発芽してるのですよね。やっぱりきちんとしたほうが出来はいいはず。来年はきちんとしたいとなと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする