「はじめてのアロマテラピー」と「いちばん最初のアロマテラピー」


アロマテラピーはずっと気にはなっていました。
デパートや100円ショップでも見かけますし、
北海道のお土産でラベンダーのピュアオイルをいただいたこともあります。
アロマというと、香りで癒される、くらいのイメージですが、どうも奥深そうです。
香りには敏感なので、アロマを楽しむという習慣はないですが、
意図的に生活に取り入れてみるのも面白いかもと思いアロマテラピーの入り口に
立てるように調べてみます。

手始めに初心者向けのアロマテラピーの本を読んでみましたが、
アロマの種類が多くて。植物全体の種類からみたら少ないのでしょうが。
本だけではイメージできず、ロフトのアロマコーナーに寄ってみましたが、
いろいろ種類があってどうしたらいいか分かりません。
まずは大まかに調べて、自分に合ってそうな香りを見つけていきたいと思います。

アロマテラピーとは?

エッセンシャルオイルの芳香成分が体と心に働きかける療法で、健康や美容に役立てるもの
だそうです。

アロマがどうやって体へ?

嗅ぐだけで、塗るだけでなんでと思いますが、
鼻から脳へ、皮膚から血管へ、肺から血管へも吸収されていくようです。

エッセンシャルオイルとは?

精油のこと。花・つぼみ・枝葉・果皮・樹皮・根・種子から抽出された
芳香成分。約200種類が使われているそう。多すぎる・・・。選べるかな。

アロマの分類は?

ハーブ系・柑橘系・フローラル系・オリエンタル系・樹脂系・スパイス系・樹木系
なんとなくイメージできます。
ひと目でわかる香りのマップというのがあるけど、この辺で挫折しそう。多すぎて。

アロマをどうやって楽しむか?

香りを選ぶのはとりあえず後回し。これをどういう方法で楽しむかも選ばなければなりません。
お手軽なのは家にある容器に水を入れて1・2滴落として嗅ぐ。
アロマランプやディフューザーなど器具を買ってきたり、アロマキャンドルなども。

また、お風呂に入れたり、フットバスやハンドバス、フェイシャルスチームもいいですね。
オイルマッサージは難しそうなので次の段階ですね。

更にはまっていったら、
化粧水、乳液、フェイスクリーム、ハンドクリーム、フットクリーム、
美容液、リップクリーム、バスボム、シャンプー、リンス、バスソルト、
石鹸、クレンジング、ヘアパック、フェイスパック、消臭スプレー、
抗菌スプレー、虫よけスプレーと手づくりで楽しめるようです。
「はじめてのアロマテラピー」でも「いちばん最初のアロマテラピー」でもこの作り方が載っています。
はじめての、にしてはハードル高いような気もしましたが、楽しみ方が幅広く
ワクワクしてきますね。

私の悩みは何なのか?それに合う香りとは?

「はじめてのアロマテラピー」には悩み別アロマレシピがありまして、
私の場合
●ダイエット:脂肪の燃焼を促す芳香浴
グレープフルーツ、ラベンダー、パチュリ
オイルウォーマーなどで精油を部屋に拡散させる。

●日焼け:ほてった肌をクールダウンし、炎症を抑えるアロマ
ラベンダー、カモマイル・ジャーマイン、ペパーミント
でサンケアローションを作る。

この2つから始めてみようかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする