洋服をリサイクル店へ持ち込み&布系の断捨離

売れそうなもの、売れるかどうか微妙なものも含めて
ファッションのリサイクルショップへ買取をお願いしてきました。

ここはファッションに関するもの、洋服・靴・小物など身に着けるものを
色々と買い取ってくれる貴重なお店です。あくまでも布的なもののみの
買取なので、時計とか電気のものはNGです。

洋服がメインですが、
きれいな状態であればいろいろなものを買い取ってくれます。
1つおそらく10円とかですが、買い取ってくれるかどうか
チャレンジしてます。待ち時間若干ドキドキです。

例えば、
・無地の不織布のバッグ(どこかで資料を持ち帰るときにもらったもの)
・宣伝入りの布バッグ(誰が普段使いするのかと思いますが、未使用でしたので)
・きれいに使った布のペンケースやポーチ
・雑誌の付録の袋物
・キーホルダーや根付
・使い捨てスリッパ(使わないとき持ち帰りますよね?でも家では使い道がないという)
・トップスに付属してきた使わないアクセサリー
・缶バッチ
・ぬいぐるみやマスコット
・財布
など、もらいものなどできれいでそのまま捨てるには惜しいものも売れるのです。

逆に、ナイキでも色あせていると買い取ってもらえません。
お祭りでもらった腕時計のような光るバンドはNG。
毛玉、色褪せ、シミは厳しくチェックしてるらしく
まずお持ち帰りになります。「入れてきた袋は持ち帰りますか?」
「いりません」の問答があるのですが大体買取不可が含まれて
しまうので、買取不可のもうゴミでしかない洋服と袋が戻ってきます。
時間と手間が無駄なのを痛感しますが、いくらかにでもなればいいかなと。

リサイクルショップで売れなそうなものはそのまま処分しました。
・擦れてるバッグ
(壊れたわけではないので取っておきましたが、充分使いました、ということで)
・何も作ることのなかった布(スーパーの袋に詰めたら重かった)
・シーツ(新しいのを購入したら使わない)
・布団カバー(同上)
・チャックの壊れた保冷バッグ
・穴の開いたスニーカー
・いつのまにかシミのついていたスカーフ
・たためるランドリーバッグ(中のスプリングが燃えないゴミなので、解体。そしたら
えらい目に合った。スプリングが暴れて暴れて。そのまま燃えないゴミにすればよかった)

また少しスッキリしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする