投資なんか、おやめなさい

こんばんは。お読みいただきありがとうございます。和子です。 今回は萩原博子さんの「投資なんか、おやめさい」を読んで検討したことについてブログに書きます。

この本で一番気になったのは、純金積み立てのところです。

今まさに純金積み立ての更新時期で、辞めるか、継続するかを検討していたところだったので、ガツンとやられました。コツコツ金を買いながら、コツコツ手数料を払うのは落とし穴とのことで。売る方はこつこつ稼げて、買う方はこつこつ手数料を払い、値上がりしないかもしれないリスクを抱えなければならない、と。そうですよね。

自動的に引き落とされていて、手数料をあまり気にしていませんでした。昔はポイントを貯めてカタログから商品を選べました。手数料ほどではないけど還元されてお得感がありましたが、それも無くなりました。

ドルコスト平均法も落とし穴で、売る側に都合のいい理論だそうで。

私はカモ?

でも金の価格が上がって損はしていないので、しばらくは継続しようかな。もう少し考えてみよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする